▶結果を見る
▶検証を見る


引っ越しも終わって、随分気が楽になったんじゃない?

ゼンゼン。
年末近いからネ。大忙しダヨ。

なんで?
今年は大掃除も流石に要らないでしょ。

確かに引っ越ししたばかりだし、
大掃除はしないケド、
なんたって年賀状があるからネ。

え、今時の人ってLINEとかで済ませるんじゃないの?

だろ?俺も友達の住所なんて知らないし。

でもさ。やっぱり一年に一回だし。

会わないけど年賀状だけ何年もやり取りしてる友達とかいるヨ。

LINEじゃ、しばらく合わない人とか削除されてたりするし……。

やっぱり、毎年年賀状交換してるだけでも、つながりが保てたりもする。

マナー云々というより、温かみもあるし……。

ワタシは年賀状好きだナ。

まぁたしかに、貰うと地味に嬉しかったりするけどね。

因みに、年賀はがきは10枚単位なら、アクセスチケットが安いヨ!

え、年賀はがきも安く買う方法あるの!?(笑)

検証


年賀はがき購入方法の比較



郵便局 1枚単位で購入可能
無地1枚52円/現金のみ。 絵柄付き108円程度〜

コンビニ 1枚単位で購入可能
無地1枚52円/原則現金のみ。
絵柄付き108円程度〜
※但しセブンイレブンのみnanaco購入可能 ※ファミマTカード利用可能
ネット(切手SHOP) 10枚単位で購入可能
無地1枚52円/クレジット可能
※購入金額5000円未満の場合送料がかかります。
アクセスチケット 10枚単位もしくは100毎単位で購入
無地1枚47円前後/現金のみ。
地域によって、49円だったり、もっと安かったりと差があります。
絵柄付きも60円程度です。






  クレジットやコンビニポイントカードのポイントよりも、明らかにアクセスチケット等の金券ショップがお得です。

  地元や定期券内の金券ショップを探してみましょう。

  但し、10枚単位でしか購入できないので5枚以下の端数分が欲しい場合は多めに買わず、コンビニ等で購入するのをオススメします。

  書き損じハガキとして、切手に交換する場合、1枚につき5円かかるので、47円以下で購入出来る場合は、

  余分に買っても切手に交換すれば ±0 に抑えることが出来ます。

  因みに、アクセスチケットでイラスト付きの年賀はがきが地元では68円で売っていました。

  

金券ショップで余分に買うかどうかは、47円をボーダーラインとして、考えてね。

でも意外と年賀状ってよく住所とか間違えるから、
余分に書いたくなったりもするよな。

それは分かるかも。

金券ショップって 、万能だな〜。

ほんと。50枚を48円で買ったとしても、200円も違うからね。

俺は50人も書く人いないけどな。


 
 
 

結果

★★★★★  オススメ度

★★★★☆  手軽さ

★★★★☆  節約度

年賀状は金券ショップで買うのが一番お得。
10枚単位での販売ですが、
47円以下ならば、余分に買っても郵便局で5円の手数料と引き換えに切手に交換出来るので、実質±0です。
48円以上で端数が5以下の場合は、バラで購入したほうが良いでしょう。
因みに金券ショップでは、イラスト付き年賀はがきも格安で売っています。


 
 
 
  • <前ページ    次ページ>