▶まとめを見る
▶検証を見る


あけましておめでとうございマス。

今年も当サイトをよろしくお願いします。

もう年が明けて4日だ。今日から仕事の人も多いんじゃないかな。

そうだね。あっという間に正月休みも終わりだな。

年が明けると、今年こそは貯金しよう!とか思うよね。

わかるわ。
今年こそ!って色々思うんだけど、続かなかったりな。

でも、せっかくそう思うなら、それはチャンスだよね。

思ったようには続かなくても、きっかけになったりするもんな。

ウンウン。
今日は、今年こそ節約&貯金するぞ!って言う人のために、基礎編の貯金や節約方法をまとめてみるよ。

検証


普段の通帳と貯金通帳は分けること。


  毎月家賃やクレジットが引いたり、コンビニで下ろす事が多い銀行は出来る限りまとめて、

  貯金だけしていく通帳を作りましょう。

  貯金だけしていく通帳やカードは基本持ち歩かないで、月に一回程度、

  臨時収入があった時や給料日に入れましょう。

  1000円でも良いのでちゃんと貯金する癖をつけることが大事。

  ATMの手数料がかからない時間や、かからない銀行を選ぶのも基本。

  数十万まとまったお金になったら、定期預金にして簡単に下ろせなくすると良いです。


お金が入ったら定額先に貯金。


  これは本当に基礎中の基礎。

  今月はいくら余ったから貯金しよう!じゃなくて、

  今月はいくら貯金して、残りを使おうっていう考え方。

  例えば月20万入って、交通費1万、家賃5万、光熱費1万、通信費1.5万、保険年金2万、食費2.5万円

  って大雑把に計算して、7万余るから、5万や6万は貯金しようというように

  先に決めた額を銀行に入れるようにしましょう。

  あると使ってしまうので、必ず先に貯金分を差し引いてからその月を過ごすこと。

  勿論、余った分や節約した分は、まとめて旅行に使ったり、貯金に回したり、遊んでもOK


コンビニに行くのを辞める


  コンビニって便利ですぐ寄ってしまいますよね。

  でも、スーパーやドラッグストアのほうが明らかに安い。

  ペットボトル1本買うなら、コンビニではなくてドラッグストアを探しましょう。

  コンビニに行くのを辞めるだけで、電子マネーの減りが遅くなったり、

  何に使ったのか分からないお金が無くなります。

  コンビニに絶対によらない。これを徹底するだけでカナリかわるので

  常に意識してみてください。


人へのギフトや御礼はケチらない


  節約しているとついつい人への贈り物だったり

  ハガキ一枚でもしぶりたくなってしまう事もあるかもしれません。

  ですが、友達や人とのつながりはお金で買えるものではありません。

  お土産や、ギフトをケチったり、プレゼント代を切り詰めるのだけは辞めましょう。

  此処での節約ポイントは、金券ショップでギフト券を安く入手してから買うこと。

  年賀状や贈り物は切り詰めてはいけないポイントです。


お金は借りてまで使わない


  やってはいけないこととして、お金を借りるということが有ります。

  友達と呑み会に行って今度返すからとその日の飲み代を借りたり、

  ギャンブルでお金が足りないからと借りるのは絶対にいけません。

  信用がなくなるのと、利子の分損をして、さらに貯金へのお金が減るというマイナスばかり。

  万が一財布を落とした等どうしても必要で友達に借りた場合は、

  その日の内もしくは1週間以内に返却しましょう。

  勿論、友達だけでなく、家族間でもすぐに返しましょう。

  借りるくらいなら、何もしないのがベスト。

  大学の学費だけは、人生を左右するものなので仕方ないかもしれませんが、他は借りないで過ごしましょう。


ストック分を買わない


  ティッシュやサランラップ、タバコや電池等の日用品。

  買いだめしていませんか?

  年に何度かの激安の時は良いですが、

  面倒だからといって毎週ある様なセール日にまとめ買いするのは辞めましょう。

  人間、予備があると使ってしまうものです。

  残りが減れば、いつも以上に節約しますよね?

  無くなってから買う。これを徹底してみてください。

  そうすると、使わなくてもいいモノや、代替品も見つかったりしますよ。


飲み物は買わない


  昔飲み水についての記事を書きました。

    参考:00001.html

  意外とかかるのが飲み物代。

  ウォーターサーバーや水出しのお茶、浄水器具を使って、

  ペットボトルを買わない生活をしましょう。

  1日1本100円で買ったとしても、年間36,500円。これだけでも十分な節約になります。


毎月確実に使うものを徹底的に削る


  まず、スマホは格安SIMに変えましょう。→参考:00032.html

  電気はアンペアを見直しましょう→参考:00042.html

  賃貸の保険は一番安いところに乗り換えましょう→参考:00035.html

  この様に、毎月かかる費用を確実に安いプランへ変更していきましょう。


1ヶ月だけでいいので家計簿をつける


  365日できなくて良いんです。

  1ヶ月だけでも良いので、家計簿をつけましょう。

  アプリを使ってもいいですし、エクセルで管理してもいいです。

  家計簿を買うと買って満足してしまうので、毎日つかうもので管理しましょう。

  開かず金は、今年は手帳のメモ欄で管理します。

  オススメは横軸は使った場所やカテゴリ、買ったもの。

  縦軸にスイカや銀行、財布、クレジットカードなど、どこからいくら使ったのかを明確にする事。

  クレジットをいつもなにに使っているのか、どこを削るべきなのか、

  1ヶ月の動きから自分で確認してみましょう。


いらなくなったものは売る


  最近使っていないもの、ありませんか?

  読まなくなった本や、昔集めたグッツ。

  全部売っちゃいましょう。

  オススメはメルカリ。

  手数料分引かれますが、他のアプリよりもユーザーが多いので、早く売れます。


物は買う前にネットでの価格をリサーチ


  店頭で買おうと思ったもの、全てにおいてネットで調べてから買いましょう。

  Amazon、楽天、メルカリ、ラクマ、アッテ等の通販やフリマアプリで見てみてください。

  店頭で買うより格段に安く売っていることもしばしば。

  開かず金、引っ越しの際に必要な照明器具を探していたのですが、

  メルカリで3000円程度でシャンデリアを購入しました。


アンケートアプリを使う


  暇な時はゲームばかりではなく、

  アンケートアプリで暇つぶしを心がけましょう。

  年間5000円は余裕でもらえます。Amazonギフト券等に交換して、

  生活費の足しにしましょう。

開かず金が心がけてる節約術12選。
誰でもできる考え方とかだから、ぜひやってみてほしいな。

お金を借りないと、プレゼントをケチらないって必要?

それは大事なの。
節約してるとお金ばかりに目が行きがちだけど、人とのつながりや信頼関係の方が大事。

ふむ。

でもね、呑み会は参加しないほうが良いと思う。
お酒を飲まなくったって、人間関係は続くし、
お酒を飲まなきゃハブられるなら、そんな関係いらないから。
本当に大事な人との関係を保ってほしい。
年に何回かの大きな呑み会だけで良いんだよ。

深いな。

そうね。
なにはともあれ、皆さん、今年も一緒に節約&貯金頑張りましょう!


 
 
 

まとめ


●普段の通帳と貯金通帳は分けること。
●お金が入ったら定額先に貯金。
●コンビニに行くのを辞める
●人へのギフトや御礼はケチらない
●お金は借りてまで使わない
●ストック分を買わない
●飲み物は買わない
●毎月確実に使うものを徹底的に削る
●1ヶ月だけでいいので家計簿をつける
●いらなくなったものは売る
●物は買う前にネットでの価格をリサーチ
●アンケートアプリを使う

 
 
 
  • <前ページ    次ページ>